たしゃうの宴 控え室

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

獣電戦隊キョウリュウジャー 第46話

ブラギガスはトリンが死んだことをどう思っているんでしょうか。なにも思うところがなく新しい主人に仕えるだけなんでしょうか。
地球のメロディは邪悪ではなかった・キョウリュウシルバーになれたということはスピリッツもダンテツに味方している・・・けれど納得できません。親友を殺しておいてそれでもまだ味方だと信じることはできません。トリン・・・・・
「君たちの信じてきたものを、もう一度信じてみたまえ」トリンは遺言をフェザーエッジに込めていました。トリンは死を予感していたのでしょうけど、この遺言が「ダンテツをもう一度信じてみろ」という意味に受け取られるところまで読んでいたのでしょうか?
「我が人生に一片の悔いなし」は本音だろうなあ。キョウリュウシルバーになって仲間と戦えたこと、あんまり表には出してなかったけどきっとすごくすごく嬉しかったはず。

キャンデリラにキープスマイリングできないと突っ込むラッキューロ。視聴者全員同じこと思ってますよwwww

キングを送り出すアミィ。唐突にストロベリーパフェwwwピンクとレッド入りwww
最初から気が合ったというか、背景にみんなとの出会いのシーンが流れていましたが、私の脳裏によぎったのはいつぞやの脳筋ペア扱いされたときのことでしたwww

父と拳を交えるキング。父も手加減なしです。
拳と拳で語る親子。ダンテツも自分と戦えばキングにメロディが伝わると知っていました。外から見たらただの親子ゲンカにしか見えませんが、これがなによりも真実を伝える方法だと確信していたんでしょう。トリンをぬっころすことを地球が要求していたことは、ダンテツも予測していなかったかもしれませんが・・・

イアンに「こいつらは助けてやってくれ」とキャンデリラ・ラッキューロをかばうアイガロン。イアンは当然受け入れることなんてできません。親友のかたきです。恨みがつもりつもっています。
ところが追ってきたアイスロンドが真実をぺらぺらと・・・既に死んでいたアイガロン。ドゴルドと似たようなもんで、意志が宿っていたのは鎧でしかなかったことが判明。死してなお利用されていたアイガロン・・・哀れです。キャンデリラはここで初めてアイガロンに愛されていたことを知ります。そりゃびっくりですよ^^;

見ていることしかできないキョウリュウジャー面々。敵だったとはいえ、アイガロン・キャンデリラたちを無慈悲に処分しようとするアイスロンドを許せません。カオスのやり方も許せません。
イアンはアイガロンの鎧を壊して魂を成仏(?)させようとします。そのままディノスグランダーで粉砕もできたのに。・・・敵のために泣くほどに・・・アイガロンが嫌な奴なままでいたらイアンも苦しまなかったのにな。
キャンデリラにデーボス軍を抜けるよう説得する役はノッさん。いつぞやのお見合い回がちゃんと生きてます^^キャンデリラとラッキューロはただ倒しても大地の闇で復活してしまうので、このまま逃げるのが最善の方法です。トリンのように戦隊を組織するのはちょっとキャラが違うし(
アイガロンは死んだら大地の闇で復活してトリンに再会するんだろうけど・・・この死に方だと成仏しちゃったかも。

トリンは大地の闇で大暴れしています。地球のメロディの真意を得たキングは、トリンは大地の闇をぶっ壊すために地獄に送られたことを知ります。そのためにダンテツの手によって消滅しなければならなかったトリン・・・大地の闇を滅ぼしたあとどうなるんだろうか。やっぱりそのまま成仏なのかな。最終回で生き残っているメンツでトリンの墓(?)参りシーンとかあるのかな・・・
スポンサーサイト

テーマ:獣電戦隊キョウリュウジャー - ジャンル:サブカル

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://syausyau.blog.fc2.com/tb.php/95-86b47fdd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。