たしゃうの宴 控え室

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仮面ライダーウィザード 第50話

「暦を救うのはお前ではない。この私だ」そして実現するにはサバトを開くしかない、と。
前は吹っ飛ばされたエクスプロージョン。今度は晴人もフレイムドラゴンに変身して耐えます。1話で爆発の中変身して炎の中から現れたシーンの再現です。
晴人はドラゴタイマーでコヨミを奪還しようとします。しかし白魔もデュープ(=複製?)で対抗。「お前の魔法はすべてわたしが与えたもの」残念ながら晴人の魔法は笛木も同等に使えます。ドラゴン4体はまとめられて、「イエース、サンダー」・・・変身を解かれた晴人はそれでもコヨミを取り返そうとしますが、笛木はコヨミを連れてテレポートで消えちゃいます。

仁藤「お前がもとに戻ってくれてよかった・・・」
41話からずっと引っ張っていましたがようやく仁藤と譲は再会。ずいぶん立場も状況も変わっちゃいましたけど^^;
仁藤はキマイラを解放して普通の人間に戻りました。仁藤残念だっただろうなあ。まだきっとベルトのこととかキマイラのこととか研究したかっただろうにな。新しい武器や技も編み出したかっただろうになあ。
譲「これからは僕ががんばらなきゃ、かな。」・・・希望の和菓子の回を思い出しちゃいましたよ。でも仁藤のあとを引き継いで戦おうとする譲を、「お前はお前の大事なことだけを考えろ」と魔法使いとして戦うのを止めます。

山本さんは「助ける必要があるのかその子。」「余計なことには巻き込まないでくれ」と。身重の妻を襲われて、魔法使いに仕立て上げられて洗脳された上に人柱にされちゃあねえ^^;
真由ちゃんは「私も白い魔法使いの道具でしかなかった」と。姉をファントムされた上に捨て駒のように消滅させられ、両親も殺され、この先ずっとひとりですものね・・・家族を失っているのは晴人もだけど、真由は笛木に家族を奪われてますのでもう魔法を使う気はおきないでしょうね・・・

暦は「私のために無理はしないでね」と生前から笛木に言っていました。笛木は、身体の崩壊を止めようと、コヨミをどこかに連れて行こうとします。コヨミは「私はこのままでいい」「誰かを犠牲にしてまで生きたいとは思わない」と言いますが、それはお前の気持ちだ」と笛木は明らかに暦とコヨミを別人視しています。笛木にとってコヨミの気持ちなんてどうでもいいんでしょうね・・・暦を復活させたら暦の心が戻ってくると確信できていたのはどうしてなんでしょうか。

コヨミは復活を拒否します。そこへグレムリン登場。白魔はグレムリンをハーメルケインで木に刺してハリツケにします。先週も、30分前も、似たような切腹シーンがあったような( 
白魔は腰マントに加えて腕マントもひらひらしてキレイです。衣装による錯覚?中の人の歩幅が大きいから?かもしれませんが、ウィザードより足が長く見えます。

白魔とグレムリンが戦っているスキにコヨミは脱走します。どこに行こうとしていたんでしょうか・・・笛木の家にいたのだからあの湖も近くにあるはずと考えたのかな。
インフィニティの指輪を持っていたから晴人に渡そうとしていたのかな・・・けど、運良く晴人が湖に来るとは限らなかったわけで・・・もし指輪を渡そうとするなら面影堂に帰るのが確実です。帰り道がわかるかという問題はありますけど。
もしインフィニティの指輪が渡せないとしたら・・・面影堂に行くまで魔力が持たないと悟っていたとしたら・・・おそらくコヨミは湖に身投げするつもりだったかと。賢者の石を自力で誰にも渡さないようにするには自分の身体ごと湖に沈めるのが、おそらくあの時点でコヨミが選択できる一番確実と思われる方法だったでしょう。インフィニティの指輪は晴人の形代として持っていくか、晴人が近いうちにやってくると信じて岸に置いていくか、どっちだろうなあ・・・

湖でコヨミに駆け寄り、魔力を渡そうとする晴人。しかし「全てを終わらせる方法はこれしかないの」コヨミはプリーズを拒みます。「このまま静かに眠らせて。それが私の(  )希望」微笑みながら涙を流すコヨミ・・・
( )部分はなんて言ってたんでしょうね。前後と語呂があわないんだけど(いきたい)か(ちいさい)って読めるんだけど、わかる人オシエテクダサイ。

追いかけてきた白魔をインフィニティが迎え撃ちます。
双方の蹴り技すごいな・・・水面もいっしょに蹴り上げて美しいです。白魔はエクスプロージョン連発。1回読んだら何度でもだせるのk!?
晴人キックストライク、白魔エクスなんとか?・・・相討ちで2人とも変身解けてしまってばったり倒れちゃいます。2人ともぜぇぜぇ・・・

一足先に立ち上がった晴人はコヨミのそばに行こうとします。それを阻止する笛木。しかし乱入してきたグレムリンにばっさり斬られて・・・粉になって散ってしまったあたり、彼はもう既に人間じゃなかったんだな・・・考えてみればファントムはライダーに倒されて爆散してたし、人間体で殺されたのはミサが第1号だったしな。ファントムは死ぬと骨も残らないんですね。
彼は文字通り命に替えても惜しくないほど暦を愛していました。歪んでしまっていたけれどな。
笛木が斬られた直後、グレムリンに斬られるコヨミ。ハーメルケインがあれば賢者の石を取り出せるそうな。胸をざっくり斬られ、グレムリンは埋め込まれていた賢者の石を取り出されてしまいます。「これで僕は人間になれる」・・・らしいです。人間になっても猟奇的殺人の犯人だけどな。

コヨミは最期に「みんなが私を受け入れてくれた」と言います。凛子や瞬平のこと、初期はあんなに毛嫌いしてたのになあ・・・
次回最終回で晴人はきっとグレムリンを倒すでしょう。グレムリンを倒してこのあとどうするのか・・・晴人は失意の人生を送るんでしょうか・・・役目を終えたプリーズの指輪・・・。
白魔からコヨミを託されたのは望んだことではなかっただろうけど、魔力をあげる日々が、毎日の生活が、晴人のコヨミに対する気持ちを育てていたのかな。

スポンサーサイト

テーマ:仮面ライダーウィザード - ジャンル:サブカル

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://syausyau.blog.fc2.com/tb.php/69-1a0c66b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。