たしゃうの宴 控え室

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仮面ライダーウィザード キャストトークショーレポ

ファイナルステージ第2部はキャストトークショー。
うろ覚えの箇所もありますが、当日メモした内容をできる限り書き起こします。

昨日10月5日は晴人・コヨミ・瞬平・凛子・仁藤と輪島のおっちゃん・KABA.ちゃん。
本日10月6日は晴人・コヨミ・瞬平・凛子・仁藤とミサ・ユウゴ・ソラ。

晴人「約束する、俺がお前の、最後の希望だ」
コヨミ「約束する、オレが最後の希望だ。アテンションプリーズ、コヨミです」
仁藤「約束する、これが最後の、マヨネーズだ」(マヨネーズは「ファイナル」の文字入り)
瞬平「約束する、俺が最後の、ちちんぷいぷいだ」
凛子「約束する、私が、最後のデカだ」
ミサ「約束する、私が絶望の淵にたたきおとしてあげるわ」
ユウゴ「約束する、ぜってーだ。ひさびさだ」
ソラ「約束する、はろ~」
座り順はコントネタの合間でちょこちょこ変わりますが基本は左から凛子・瞬平・仁藤・晴人・コヨミ・ミサ・ユウゴ・ソラ。
晴人の右手中指にはホープウィザードリングがはめられています。これまでのイベントではドライバーオンウィザードリングでした。瞬平・凛子はエンゲージ。コヨミはプリーズ。仁藤はドライバーオンリング。

最初は瞬平による各キャラのモノマネ。
晴人のモノマネ??はどうやら芸能人のモノマネちっくにしていたらしいんですけど、テレビをほとんど見ない私にはよくわかりませんでした。
仁藤のモノマネは、永瀬さんによると大味?だそうな。
フェニックスは歩き方のモノマネ。特徴をよく捉えています。

次に凛子。
ミサのモノマネは「みぃつけた」だったか・・・
コヨミのモノマネは「私のことは嫌いになっても、ウィザードのことは嫌いにならないで~」だったかな。大島優子?の「私のことは嫌いになってもAKB48のことは~」を元ネタにしたセリフ。

撮影がすべて終わったとのことで各人の感想。
みなさん異口同音に「長かったようで短かった。この仲間でよかった」と。
ソラはいろいろひどいこともしたけど結局ラスボスになれて嬉しかったとのことw
ミサは声をかけられるのはミサとしてであったことを「真由じゃないんだ・・・」とちょっとさみしそうw

ここで全員生変身披露w
白石さん、ドライバーオン後のベルト出現音しゃきーんまで言わなくてもいいんですよ^^;
最初は瞬平。ウィザードのコスプレ衣装を事前に着て変身wプイ!プイ!プイプイプイ!w
凛子はビーストの変身音www R・I・N・K・O!りんこ!wwww手書きの警察手帳お披露目ww
ミサは真由で変身→それに対するミサのセリフ。くるっとまわっていいですねー!音声は瞬平wチェインジ・なうw「さあ、終わりの時よ」「またきたの?さあ、絶望しなさい」
凛子ちゃんはくるっとまわったとき真由のスカートの中が見えないか心配だったとのこと。
ユウゴはさきほど瞬平が来ていたウィザードのコスプレ衣装を着ての変身。結構似合ってたなw本人は緊張していたようですが観客席は湧いてました^^
ソラはインフィニティに変身。音声が仁藤と瞬平wwwイーンフィニティー・ヒースイフードーボーザバビュードゴーン・・・ハモらなくてもいいのにwwww
コヨミはビースト。仁藤の赤い上着着せてもらってました。もっとはっちゃけて変身してもいいのにな。
仁藤はさすが一発で決めてました。音声は瞬平。ヘンーシン!はマイクなしでしたが私の座ってた席までしっかり聞こえました。さすが役者です。しめるとこはしめるなあ^^文句なしにかっこいいです。
ラストは晴人。音声は瞬平。晴人までコスプレ衣装( 人差し指と中指がポイントだそうなw

1年以上撮影しての感想。
ユウゴは途中で離脱して太陽に行ってしまっていたので、映画やイベントでみんな仲良くなっているのがうらやましかったそうな。
ソラは髪の毛が伸びてしまったが忙しくて切りに行く暇がなかったとのこと。ヘアメイクさんに切ってもらっているわけじゃなかったのね。

好きなセリフ・印象に残ってるシーンの再現。
瞬平はちちんぷいぷいw
シーン再現では晴人と仁藤を叱るシーンを生でw「おかしいですよ、仁藤さんも晴人さんも~」晴人「だってコヨミのことが心配でさぁ」仁藤「俺だってはらぺこぺこだしぃ」wwww
コヨミはインフィ二ティのシーン。「晴人は魔法なんか使えなくたって、みんなの希望になれる」
ユウゴ・ミサ・ソラは映画でシイナをいたぶるシーン。「かわいがってあげるわ」コワイヨコワイヨw

ラストは1年間を振り返っての挨拶。
瞬平、さっきのシーン再現のあとあたりからずっと半泣きの表情だたよ・・・
視聴者の声で「ビーストは乗らないの?」→プロデューサーさんに話して自転車にのることになったと仁藤談。
白石くんの挨拶では観客席から「はるとー!」の声援。
「決してすべてがハッピーではなかったけど、それぞれみんな悲しい苦しい思いをしたけど、希望を見出す話でした」「途中自分たちがやってることが正しいのか、ウィザードらしいことはなんなのか悩んだこともあった」とのこと。

うんうん、そうだね^^自宅にあるブルーレイ8巻までと映画(結局2回見に行きました)を比べたら、映画はキャラクターのブレがないもんね。どのシーンもちゃんと晴人は晴人です。飄々とした性格である設定だったので、どこに芯があるのか捕まえるまで大変だったと思います。本編では終盤の、みんながみんな譲れない事情があることが露呈してくるにつれて内面が顕になってくるのが、視聴者としてはゾクゾクしてたまらないんですけど、役者としては辛いシーンの連続だったんだろうなあ。

トークショーは瞬平と凛子がえらくハイテンションでしたけど、朝一だったせいか、正統派らしい内容でした。個人的には印象に残ったシーン再現をもっと見たかったなあ。晴人とコヨミの海岸のシーン、実演してもよかったのにな!
スポンサーサイト

テーマ:仮面ライダーウィザード - ジャンル:サブカル

仮面ライダーウィザード ファイナルステージレポ

10月6日(日)、中野サンプラザのファイナルステージに行ってきました。10:30からの回です。以下、走り書きメモを元にしたレポをアップします。うろ覚えの箇所もいくつかありますが、大外しはしていない・・・といいな。私は1階席中央ちょい後ろくらい。席は9割がたうまっていました。1階席の後ろの方は20~30くらい空いていたかな・・・2階席は見ていません。
大阪の会場はどうだったかわかりませんけど、東京会場は1階席後ろの方の横壁が一部段差ができていて、ときどき演出でとんでくるレーザー光線が波打って、いかにも魔法っぽい雰囲気がでていました。

「助けて・・・」「助けて・・・」という声に呼ばれ魔法石の中の世界へ晴人は吸い込まれてしまう。

OP。舞台中央の大型モニターにOPが流れる。ノンクレジット。
「魔法の指輪、ウィザードリング。~」で流れる晴人の手、本編とブルーレイとで、もう何百回と見てるのに、でかい画面に映るとまだどきどきしますw

メイジの緑(瞬平)と青(凛子)がファントムに襲われているところを晴人が助けに入る。しかし瞬平と凛子はウィザードの姿を見ていぶかしんでいる。挙句自分たちを助けてくれたウィザードに襲いかかっていく。その理由は晴人をダークウィザードと見間違えたため。
ダークウィザードはフレイムスタイルを紫にしたライダー。紫もなかなかいいですね。アクションは華麗さではフレイムドラゴンが秀逸。一番重力を感じさせない動きだったな。フレイムスタイルは堅実でツボはちゃんと抑えててひらひらくるくるとキレイ。ダークウィザードはフレイムスタイルと動きは似ているけれど、決めポーズというか・・・剣を振り下ろしたあと微動だにしないあたりが達人っぽいです。

魔法石のなかの世界では、ダークウィザードは全ての人をファントムにして世界を制圧しようとしているとのこと。ちなみに魔法石の中で魔法使いは瞬平と凛子だけ。
誤解を解いた晴人は、瞬平と凛子に弟子入りを申し込まれる。


ファントム側は賢者の石をまだ見つけていない。ファントム側の目的は賢者の石をげっとすること。
世界を制圧するあたりは瞬平たちが語ってただけで、敵側からの発言はたぶんなかった。
魔法石界のボスは映画に出てきた仮面ライダーソーサラー。
部下はメドゥーサ・フェニックス・グレムリン。グレムリンはここでは通常体。

メドゥーサは作中同様ボスには忠実。フェニックスは反骨。グレムリンは従うふりしながら石の横取りを狙っています。MOBでケットシー・スプリガンは確認。レギオン??はいたかなあ。あとはちょっとわからなかったな・・・

晴人は瞬平と凛子に稽古をつける。体術では当然晴人にかなわない。魔法は・・・スメル・ライト・スリープを駆使。
実戦では使えそうにありませんwww
でもそんな彼らを晴人は見捨てたりしない。その理由は、晴人に全面的に頼らず自分たちでファントムを倒そうとしていたから。

いざ実戦では・・・やはり瞬平と凛子は役に立たず。人質にとられてしまい、晴人の足をひっぱってしまう。仁藤と真由も外の世界から参戦。仁藤は「キマイラを取り込んできた」らしい。
あっというまに土日の捕獲ツアーは終了したらしいです(

ファントム側が賢者の石をゲットする目的はサバトを開いてファントムを一気に増やすこと。
賢者の石の使い道、本編ではコヨミを蘇らせるのとグレムリンのパワーアップでした。賢者の石は・・・なくてもサバトは開けたんじゃないかな・・・? 本編1回目のサバトはあくまでコヨミを蘇らせるためであって賢者の石はサバトを起こすのには必要なかった気がするんだけど・・・まあ細かいことかもしれませんが気になりました。

苦戦はしたがダークウィザードを撃退。
直後ソーサラーと3幹部登場。しょせんダークウィザードは捨て駒だった。ソーサラーに拘束されてしまったウィザードはホープウィザードリングを奪われてしまう。

チェイン拘束のあといつ奪ったのか見えなかった・・・
おまけに瞬平と凛子は拉致され監獄らしきところに入れられてしまう。脱獄しようとするが、見回りに来たグレムリンに返り討ちにされてしまうす。そしてサバトの人柱に。
本編は片手片足でしたが、舞台では左側瞬平・右側凛子がチェイン電飾画像に胴体拘束されてちゃいます。

瞬平と凛子を取り返し、サバトを阻止するため晴人・仁藤・真由は戦う。
ダイスサーベルでは6。
ファルコンが飛んでいきますがなんか動きがペリカンっぽい飛び方wビーストハイパーでは左右から2m四方の壁が寄ってきて、すれ違いざまにハイパー魔法陣が映ったと思ったらもうハイパー登場。時間にして1秒もなかったんじゃないかな・・・驚異の早変わりでした。
ハイパーになってフェニックスを撃破。復活する前に魔力を食し、十字を切ってごっつぁん!
真由もホーリーでメドゥーサを撃破。

本編で実現しそうでしなかったこと2つ、パラレルワールドで実現しちゃいました。

肝心のサバトはまだ継続中。生贄は客席にいる人達!
そこへ登場するウィザード。舞台大型モニター上部ではソーサラーの四角い魔法陣がくるくる・・・けれども諦めない人柱の瞬平・凛子。そして諦めない気持ちを持ち続けることで魔法陣をかき消すことに成功。
諦めなかった客席のみんなも魔法使いになる資格を得る。そして変身!(掛け声だけですがw)→ウィザードいっぱい登場!!

これは嬉しい演出です。お客さん大拍手。客席中央通路にウオーター・ハリケーン・ランドと各ドラゴンの計6人がずらっと。いいなー至近距離で見れた人。ワタシモミタカッタ・・・・しかしドラゴタイマーはどこへ行った(
舞台にウィザードいっぱいで乱闘。同色スタイル・ドラゴンがそれぞれ順番に必殺技ぶっぱなし。ひととおりMOBを倒したあと6人整列。5秒くらいしか並んでなかったけど、ん~眼福!

人質から解放された瞬平・凛子はスメルとライトを駆使してテキトーに使って主に体術でMOBを倒す。
相手はケットシーだった?しょぼリングで撃退するとは・・・今日一番の活躍かもしれないぞ!

ソーサラーとまだ戦闘を続けている晴人。苦戦しているさなか、ソーサラーが奪っていたはずのホープウィザードリングが空から降ってきて、コヨミの声で「みんな、力を貸して!」と言う。客席からの「ガンバレー」の声援で晴人はインフィニティに変身。
インフィニティは舞台用?水色部分がつや消しみたいになってたな。
ソーサラー曰く「賢者の石が意思を持っている」・・・大真面目なノッさんですk・・・
インフィニティになった晴人はシャイニングストライクでソーサラーを撃破。
アックスカリバーが回しにくそうだったなあ。本編はCG処理されてたけど、最初の2回くらいは高岩さん実際に回してたわけで・・・小さなことかもしれないけどさくっと難しいことをやっちゃってたんだなあ・・・

ソーサラーも倒し、無事魔法石内の世界にも平和がもどりましたとさ。おしまい。

第一部終了前に晴人と仁藤登場。インカムつけたままでした。
ところで仁藤のあの髪型、パーマネントモヒカンって名前だったのか・・・本人の口から紹介されるとはw

テーマ:仮面ライダーウィザード - ジャンル:サブカル

仮面ライダーウィザード 第53話(最終回)

鎧武も外の世界から呼ばれてきました。取り込み中だったらしいですので帰ろうとしますが、どこから来たのかわからない様子。割れ目から隕石に包まれてどっかに行っちゃったし。
子供達が「あいつをたおせ」と呼び出したライダーにアマダムを倒すよう命じたところでアバン終了。

かつかつ指輪渡す仁藤。萌えるわーwwwww
バインド→コピー→こよみと男の子を救出→ビーストの指輪で脱出する晴人。男の子「変身すれば、いいことも悪いこともわからなくなる、そうなるまえに外に出たかった。でも外に出たら仮面ライダーに倒されちゃう」晴人が無条件に怪物を倒すわけじゃないと言ってもきっと信じないんでしょうね・・・

ディケイドと話し合う晴人。晴人は「仮面ライダーが正義のために戦うのなら、ここを封印し続けなくてはいけない」でも晴人は正義のためになんて一度も戦いませんでした。・・・この時点でディケイドは敵か味方かわかりません。

一方残った仁藤はアマダムのアジトに潜入。そこでアマダムから「仮面ライダーとは悪と同じもの。力の源=クロスオブファイアー。悪から生まれた罪の証」と聞かされます。いろいろ聞かされますが私もよくわかりません。昔からのファンならわかったんでしょうけど・・・仁藤は誰であってもキマイラを倒そうとするならば戦います。そして返り討ちにあった仁藤はここで消えちゃう;;元の世界に戻っただけだろうけど・・・

ディケイドの中の人は晴人たちの隠れ家を襲いこよみと男の子を連れて行ってしまいます。ライダーリングも取り返されてしまい、13個すべてそろってしまいます。アマダム大喜び。
アマダムの目的は、自分を封印したこの世界を破壊し、外の世界に復讐するのが目的、だそうな。アジトに乗り込んできた晴人を追い返すべく、アマダムは晴人を倒すよう命じます。
ところがアマダムによってぞろぞろ呼び出されたライダーはこう言います。「俺たちはリングの力で子供達に従ったんじゃねえ、弱いものを守っただけだ」怪人になる子供であっても、です。

アマダムのアジトで乱闘開始。私はよくわからないけどきっと往年のライダーの必殺技乱舞、かな。劣勢に陥ったアマダムは、最強のしもべ?を呼び出します。
晴人は一瞬でオールドラゴンになっちゃうwはやすぐるw
アマダムは対抗してくる歴代仮面ライダーを全員のしてしまいます。それぞれのライダーが各々の世界でラスボスを撃破したことを考えると、アマダムスゲエ強いです。ウィザードも戦いますが換え放射ははね返され、ハリケーンは叩き落とされ、リキッドも弾き飛ばされ、ランドのディフェンドも貫通。

少年はおもむろにリングの入っていた箱を開けて祈ります。「助けて」と。助けに現れたのは鎧武。よくわからない様子の鎧武はよくわからないうちにアマダムを攻撃w「ごちゃごちゃうるさいw」と言っていましたけど、私にとってもそれは本音で^^;歴代ライダーファンはきっと顔をしかめるでしょうけど最初っから観た仮面ライダーがウィザードだけな私にとってはね^^;
アマダムに全員ライダーキックを浴びせていきます。空中姿勢、ウィザードが一番美しい。

別れぎわに晴人があげたのはインフィニティのリング。いいのか?!まあ現実世界ではファントムはいないだろうからもう必要ないのかな。

テーマ:仮面ライダーウィザード - ジャンル:サブカル

仮面ライダーウィザード 第52話

今回のウィザードはコヨミを眠らせるべく旅立った晴人の後日談。
歴代ライダーが登場するパラレルワールドに行った設定です。1年通して観たライダーはウィザードが初、電王とフォーゼをちょこっとずつ、しか見ていない私には少々つらかったです。歴代ライダーをよく知っている人にとってはすごく面白かったみたいですね。

宝探しする敵。30分前もやってた気がするだが(
アバンは高岩さんオンステージ?決めポーズわんさか。

浜辺に落ちていた魔法石に吸い込まれてしまった晴人。そこでははんぐり~の店長が老けてて子供がベルトと指輪で仮面ライダーを呼び出す世界。堂夏家の外はいつのまにか都内だった?!のに橋とダムの堰堤だし。
あちこち背景かわるぞ・・・子供は指に4つ指輪してるしwwwけど、そのリングはなくなるとこの世界が崩れ去ってしまうらしいです。

この世界では凛子ちゃんがスケバンにwwww
面影堂が山の中にwww中身は微妙に昭和のかほりがwww
輪島のおっちゃん曰く「もうすぐ変身する」。時がきたら人ならぬものに変身すると。凛子ちゃん・瞬平・輪島のおっちゃんは怪人に変身してないできそこないだそうな。この世界のコヨミは本編のコヨミより10歳くらい幼いです。
仁藤はハイパーになっていて、まだノリノリだった頃・・・譲に会う前と思われます。

ライダーの指輪はアマダムに返す、のがスジ? でもアマダムは仮面ライダーを憎んでいます。地球が中天するときリングに祈ると怪人が現実世界に溢れ出すらしいです。これは晴人たちはアマダムと敵対しそう・・・でも晴人はリングを取り戻してくると約束します。
魔法石の中のこの世界を救うために。

面影堂にいた子供たちは宝箱を持って逃げ出します。子供達のは人間でいたいためにこの世界を壊そうとしています。
宝箱を取り返すべくおそってきた怪人たちから子供らを助けるためにウィザード・ビーストは乱闘に。ここにきてダブル変身が見られるとは!でも属性チェンジは魔法陣なし・・・
ウィザード・ビーストは誰と戦うのか? 今は子供を襲おうとしている相手全てが敵だけど、そうなると歴代ライダーも敵になるし・・・戦う相手がわからない・・・いちおうファントムらしきものと戦ってはいるけど・・・仁藤ちゃんとランチにできるのか??

怪人になりたくない子供達・リングを取り返してこの世界から怪人を現実に解き放とうとしているアマダムと子供を襲う怪人たち・子供を守るが結果的に晴人たちと戦うことになる歴代ライダー・晴人と仁藤・・・これ4つ巴ですk!?展開が難解ですよ! これで次回最終回・・・ちゃんと決着つくんだろうか・・・
箱を取り戻して晴人はどうするんでしょうか。アマダムに返す?それとも処分する?展開が読めません。

Bパートでちらっと鎧武登場。子供の味方っぽいけど、剣と見せかけて銃?なんか卑怯臭いぞwww

テーマ:仮面ライダーウィザード - ジャンル:サブカル

仮面ライダーウィザード 第51話

グレムリンがコヨミの体内から賢者の石を取り出したシーンから開始。
ハーメルケインの傷に埋め込んだグレムリン、進化体になって一般市民に襲いかかり、街を破壊します。執拗に蹴りとばしたりわざわざ人間を狙うあたりはフェニックスよりもタチが悪いです。

仁藤は「最期に晴人に会えたことがせめてもの救いになればなあ」
晴人は序盤から後ろ姿のみの登場。自分の部屋で立ち尽くす晴人・・・面影堂でコヨミの部屋ってそういえば一度も登場しなかったっけ。面影堂の正面からみて2階右側が晴人の部屋だけど、左側がコヨミの部屋かな・・・面影堂の1階の広さからしたら2階に3部屋はありそうだけどな。
今回はOPなしでアバン終了後タイトルのみ表示。

どさくさにまぎれてはんぐり~を襲うグレムリン。店壊されちゃったよ;;
最後に壊れることになるとは思わなかったぞ!!

グレムリンは賢者の石を発動させるため魔力を集めようとします。「死んでファントムになればゲートだったってこと」。ファントムを生み出す前に殺したらファントムごと死んじゃうって以前メデューサがフェニックスの暴走を止めようとしてた気がするんだけど・・・今回のグレムリンの言葉は、ちょっと表現不足ですね。「死の恐怖でファントムを生み出せばゲートだったってこと」が正解だろうな。

仁藤は生身でも向かっていきます。変身できないし返り討ちになるのは明らかなのに・・・ベルトの謎もキマイラがいなくなったことにより研究は打ち止め・・・それでも戦うのは仁藤が個人的な目的→まわりの人のために戦うようになった証。
現役の魔法使い4人はどうするのか。
晴人は「コヨミを救う」ため面影堂から戦場へ。今度は晴人がサバトを開くのではないかと輪島のおっちゃんは危惧します。凛子ちゃんも。
真由は「この指輪が誰かを救うことができるなら、私は戦います」
譲は「僕が勝手にみんなを守る番だ」
山本さんは「家族を守るために」
白い魔法使いがいなくなり、魔法だけが残された今、各々が戦う理由を見出します。胸が熱くなりますね^^

進化したグレムリンは強く、立ち向かった魔法使いたちは返り討ちにされて変身がとけちゃうほどです。
遅れて登場した晴人。グレムリンは晴人に「あんなお人形さんのためにぼくは化け物にされた」「きみだって無理やり魔法使いにされた」と同類であることを訴えてゆさぶりをかけます。
本編のここまで、「コヨミを救う」としか言っていなかった晴人。その真意は「コヨミの心を救う」こと。肉体を蘇らせることではなくてコヨミの望みを叶えること・・・「このまま静かに眠らせてほしい」「賢者の石を渡さないで」。晴人だって、コヨミにもう一度戻ってきてほしいと思ったでしょう。けれどコヨミの遺言をかたくなに守ろうとします。

後半はウィザードVSグレムリン。
「人の希望を奪って・・・それでも君は魔法使いなのかい?」
「人の心を失ったお前は、人じゃないだろ」
グレムリンは最後までソラでいようとしました。確かにファントムは全員笛木の犠牲者です。けれど人をぬっころしまくってもまだ人間をかたるグレムリンにおぞましさまで感じてしまいました。同時にグレムリンの孤独も・・・。見事な悪役っぷりです。

晴人は最初からインフィニティに変身。しかしグレムリンと互角→押され気味です。攻撃くらってインフィニティが解けて初期のフレイムスタイルになっちゃいます。
振り下ろされるハーメルケインを受けたためにディフェンドの指輪が壊れてしまいますが、その手でグレムリンをパンチ(やっと解禁!)→素手でグレムリンから賢者の石を奪います。
アンダーワールド?での賢者の石=コヨミとの邂逅が、OPの、コヨミとすれ違う手、つかむ手とオーバーラップします。賢者の石を奪取成功→その場で指輪に変化。この指輪、ホープウィザードリングっていうそうです(by公式)。ピンク色のかわいらしい指輪です。絵柄はエンゲージ。コヨミの心を閉じ込めたリングならデザインはこれしかないでしょう^^ ラストは4フォーム合成キックストライクでグレムリンを攻撃。決め技が1話と同じなのがいいですね。

後日談もちらっと。
仁藤はキマイラを捕まえにいくとのこと。まだ調べきっていなかっただろうし^^ 譲も一緒だけど土日限定www
瞬平は輪島さんの弟子になって「いつか帰ってくる晴人さんのために」指輪作成の日々。壊れちゃったディフェンドの指輪、なんだかんだで汎用性が高くて活躍してたから早めに作ってあげてね!ところで魔法石の出どころって結局どこだったんだろうなあ・・・
凛子ちゃんはまだファントムが全員いなくなったとは限らないので国安ゼロ課でお仕事。真由ちゃんは晴人のあとを引き継いで一緒に仕事することに。
輪島のおっちゃんはこれまでどおり骨董屋を続けます。晴人の部屋はそのままです^^
はんぐり~の店長は店の再建。
晴人はコヨミを眠らせる場所を探しに旅に出ます。

晴人は、コヨミを失って、まわりの人のために戦っていた→自分のために戦うようになりました。
仁藤が個人的な目的→まわりのために戦うようになったのと対照的です。どっちが正しいというものではありません。ワタシは、晴人がちゃんと自分のしたいこと・自分の気持ちを、ときにおおまじめに、ときには半泣きになりながらも素直に表現できるようになったことを嬉しいなと思います。
ともすれば成長=大人になる=周りのことを考えられるようになる、と王道展開になりがちですけど、こういう「成長」もありだよ!って言っているようで・・・ワタシも幼少時こういう番組が見たかったなあ。

テーマ:仮面ライダーウィザード - ジャンル:サブカル

次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。